Valentine’s Day / David Bowie

音楽
google ad1 upper place

節分、立春…と思っていたらあっという間にバレンタイン・デイがやってきました。

バレンタインの日と言えば、普通は素直に? love songを聴きたくなるものなのでしょうが、自分の場合はちと違いまして(^^;)

David Bowieのこの曲が「ぼんっ」と頭に浮かんで、以降「無限リピート」になります。

David Bowie - Valentine's Day (Video)
"Valentine's Day" by David BowieListen to David Bowie: more David Bowie videos:

はい。もちろん、ラブソングではありません(笑)。実はスクール・シューティング(学校での銃乱射事件)をテーマにした曲です。

曲だけ聴いていますと、美しくカッコイイ曲なのですが…実は怖くもあり、奥深い意味を持った曲なんですね。

このあたりが「いかにもBowie」という感じでしょうか…

意味を知った上で改めてビデオを見てみると、やはり「狂気」のようなものを表現しているように感じます。

David Bowieって、音楽だけではなく演劇・映画・演技でも有名でしたよね。幾つかのアルバムを聴いていて、まるでミュージカルみたいだなぁ、、、と感じるときもあります。

なんかもう、彼の存在そのものがひとつのアート、みたいな。

音楽、とか演技、とかに分類できないもの、the Bowie としか表現しようがありません。

とにかく…ただ、そこに立っているだけでサマになる、カッコイイ。主役以外、あり得ない。

こんな方は、「スター」と呼ばれる方々の中でもそうそういないのでは…と思います。


今は’Starman’として、様々なinspirationを地球の下々の者(笑)に送ってくださっているのかもしれませんね(#^^#)

さて、せっかくのバレンタインなので(恐らく)love songと言えるものも聴いて過ごしたいと思います。

個人的にはやっぱりこれ、ですかね~

David Bowie - Be My Wife (Official Video)
The official music video for David Bowie - Be My Wife (From Low)Taken from Bowie's 11th studio album 'Low' released in 1977, which featured the singles 'Be M...

Low という1977年のアルバムに入っている曲です。

アルバムそのものも素晴らしいのですが、特にこの曲が大好き! ビデオも素敵。

本人もこの曲は気に入っていた…という話をどこかで聞いて、嬉しいなと思ったことがあります。

(ちなみに…同じアルバムの中の曲、sound and visionもBowieは気に入っていたらしいです。こちらは、instrumentalと呼んでもいいかも…と思うくらいvocalは少し、の曲です)

YouTubeのコメントで、一番上に表示されている方…Amanda Mattiさんのコメントをぜひ、見てみてください。

何もない真っ白な部屋で、ギターひとつでサマになるのはBowie様しかいない、という意味のことを書いていらっしゃいます。

そうそうそう(笑) absolutely true という感じで、このコメントも素晴らしいなぁと思います。

それでは、David Bowieを聴きながら…みなさまが素敵なValentine’s Dayを過ごされますように(*^^)

…ってか、いっそのことValentine’s Dayは、「David Bowieを偲ぶ日」にしてもいいんじゃないかなぁwww

なんて、思います。

あ、もうひとつ追記したい(笑)

Bowie / Placebo - Without You I'm Nothing - Irving Plaza, 29th March 1999


もうホントに、fabulous です♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました